Allez au contenu, Allez à la navigation, Allez à la recherche, Change language

  • Applications
  • Tumblr
  • Instagram

ホーム > Article

クリスティアン ムンジウ、シネフォンダシヨン&短編部門 審査員長

20.03.2017  2:29 PM

クリスティアン ムンジウ、シネフォンダシヨン&短編部門 審査員長 © Dan Beleiu

 

第70回カンヌ映画祭(5月17日〜28日)のために、2013年にはスティーヴン スピルバーグ監督が審査員職を占めたシネフォンダシヨンと短編部門の審査員長をクリスティアン ムンジウ監督が務めることになりました。映画監督、脚本家、プロデューサーである彼が、河瀬直美監督、アブデラマン シサコ監督、アッバス キアロスタミ監督、ジェーン カンピオン監督の後任者となります。

 

ルーマニアのヌーヴェルヴァーグの傑出した代表者であるクリスティアン ムンジウは、映画祭と輝かしい長い歴史を分かち合っています。一撃となる2作目『4ヶ月、3週と2日』でパルムドールを獲得した後、彼は『汚れなき祈り』で脚本賞と女優賞、『エリザのために』で監督賞を受賞しました。

 

要求が高く、社会派のこの映画作家のフィルモグラフィーが審査員に次々と讃えられているのは、普遍的な反響をもたらす鋭い視線をルーマニア社会に対して向けているからです。彼の野心的な作品は類い稀なる知性を持って人間性にメスを入れて観察しています:共産主義以降のルーマニアの若者たちが他の場所に行きたい願う夢を優しく描いた風刺劇(“Occident”、2002年);小さな街で起きた違法堕胎の冷淡な物語(『4ヶ月、3週と2日』、2007年);チャウシェスクの制度に対して何食わぬ顔で皮肉を言う、奇妙な都会の伝説(“Amintiri din Epoca de Aur(Tales from the Golden Age)"、2009年);宗教における教条主義と共産主義の遺産を根底とした悪魔払い(『汚れなき祈り』);ルーマニア社会の妥協と腐敗に関する教訓的寓話(『エリザのために』)。

1968年にヤシで生まれたクリスティアン ムンジウ監督は、英文学を学んだ後、まずジャーナリストと教師をして働いていました。その後、ブカレストの映画演劇アカデミーに入学し、数本の短編作品を監督します。ベルトラン タヴェルニエ監督の“Capitaine Conan”(1996年)、ラデュ ミへイレアニュ監督の“Train de vie”(1998年)で助監督として知識を積み続けます。初長編作品“Occident”は2002年の監督週間部門に選ばれ、ルーマニアで大成功を収めます。その後も作品ごとに、クリスチャン ムンジウは内側からの必要性と社会考察を結びつける独特の仕事を辛抱強く続けています。彼は見事な映画的文法を届けているのです:心を奪我ry複雑さを持った衝撃的な脚本、スリラーに近い緊張感のあるナレーション、ショックを与えることを忘れない厳格なワンシーンワンカット。妥協を知らない映画作家はユーモアや嘲弄、非常に中央ヨーロッパ的な不条理のセンスも忘れてはいません。

 

「クリスティアン ムンジウ監督はティエリー フレモーが2000年代から評価を与えてきたルーマニアの流派に栄誉を持って属しています。」とシネフォンダシヨンのジル ジャコブ会長は語っています。「『エリザのために』のような知性と相乗する派生効果を持った脚本を見るだけで、クリスティアンがシネフォンダシヨンと短編という映画の受験の理想的な審査員であることが十分にわかります。48年に偉大なるドライヤーが短編作品の一本の中で言ったように:誰が合格するのか…受験者に幸運を!」

 

クリスティアン ムンジウの方も最初のリアクションを分かち合っています:「映画における価値や独創性を認めることは、決して簡単なことではありませんでした。非常に若い映画監督の価値を認めるのは、さらに難しいことです。しかしシネフォンダシヨンはこれを行うことに成功し、素晴らしい効果をもたらすことで知られています。シネフォンダシヨンは若い映画監督たちが勇気を持って表現し、自身の声を見つけることができるように、キャリアの最初から必要としている援助と認知を常に与えてきました。同じ効果が長く続いていくことを願っていますし、このアプローチに参加できることを光栄に思っています。」

Facebook Twitter Imprimer